今までの人間性では通用しない

昔であれば、人間性の良さと熱意があれば、なんとか契約を勝ち取れることも多かったです。
しかし今は、具体的な根拠と説明を行い、他社との比較や違いを明確にプレゼンできなければ、相手は納得してくれないのです。
だからこそ、他社との競合であるコンペに勝てる企業こそが、生き残ることができるのです。

多様化する今の時代だからこそ

今の時代は、個人個人の娯楽や嗜好も多様化しているわけです。
それ以外にも、インターネットによるサービスも次々と登場しており、そんな多様化する時代で生き残るには、コンペで勝負をしていくことが必須となるのです。
いつまでも昔のように、熱意と人間力だけで何とかなる時代は終わりましたし、これからは新しい時代で生き抜くためのコンペが求められるのです。

コストの削減にも繋がる

また、コンペをすることによって、コストの削減にも繋がるのです。
従来は、同じ会社との取引、同じ企業からの仕入れが暗黙の了解になっていましまたが、今はいかに高品質なものを、低コストで提供できるかが重要視されるのです。
コンペによって競わせることで、多くの企業が無駄の削減を徹底するために、それがコストの削減にも繋がるのです。

決して昔のやり方がダメなわけではない

ただ、勘違いしないでほしいのは、昔のようなやり方が完全にダメだというわけではないことです。
今でも、熱意のアピールは大事ですし、人間性もいいに越したことはありません。
あくまでも、それだけではダメだということが言いたいのです。