五分五分の勝負では意味がない

常に危機感を持つ

コンペでは、当たり前ですがライバルがいるわけです。
そのライバルは、もしかしたらすでに自分たちよりも、一歩も二歩も先を行っているかもしれないのです。
ですから、常にライバルに先を越されるかもしれないと考えながら、危機感を持つことが重要なのです。

互角だと思った時点で負けている

もしも、「この勝負は全くの五分五分」だと思っているのであれば、その時点で負けていると思った方がいいです。
何度も言いますが、コンペには引き分けなどありませんから、相手に勝たないと何の意味もないのです。
だからこそ、五分五分などという考えをしている時点で、すでに遅れを取っていると思うべきなのです。

弱者も決して軽視してはいけない

また、コンペでは明らかに自分たちより格下とも言えるライバルも、多数勝負に挑んでくると思います。
ただ、そういった弱者も決して軽視をしてはいけないのです。
もしかしたら、全く想像をしていないような、奇抜なやり方でコンペに挑んでくるかもしれないので、一発逆転も大いに考えられるのです。
だからこそ、格下のライバルであっても、情報収集は欠かさないようにして、常に敵の動向は把握しておかないといけないのです。

最終的に勝てればいい

ただ、全分野でライバルに勝てるわけではないので、あくまでも最終的に勝てればいいと考えることも大事です。