事前の準備プランがの出来栄えを左右する

何が必要かを待つ考える

コンペのプレゼンで、まず何が必要なのかを考えるようにしましょう。
自社の理念や社風を理解することは大前提ですが、コンペを開催する企業のこと、そして勝負をする敵企業の情報も、しっかりと集めておく必要があります。

逆算してプランを立てる

例えば、プレゼンの日時が7月15日の13時からだとしたら、そこから逆算してプランを立てるようにしましょう。
6月末までに概要を全て完成させる、7月の10日までに全ての資料と企画書を完成させる、そして残りの日数で事前演習と見直しをする、当日は朝の8時ぐらいに出社して最終チェックなど、そういった感じでプランを立てるわけです。

万全の状態でプレゼンに挑む

プレゼンをする上で、もう1つ重要となるのが体調面です。
体調が優れた状態であれば、それだけプレゼンの調子も良くなるので、万全の状態でプレゼンに挑むことが必須なのです。
どうしても直前期になれば、かなり忙しくなり余裕もなくなるかもしれませんが、だからこそ体調管理はしっかりと行い、睡眠時間もしっかりと取ることが重要なのです。

後悔しないプレゼンをやろう

やるだけのことをやって、それでダメだったのであれば仕方がありません。
ただ、「あれをやっておくべきだった」、「あれをやらなかったのは失敗だった」など、後悔をしてしまうとそれを引きずってしまいがちです。
だからこそ、たとえダメだったとしても、後悔しないプレゼンを目指すようにしましょう。