不景気だからこそ逆に大きなチャンスでもある

マイナス思考をプラス思考にする

例えば、不景気で人材にも開発にもコストがかかる、そう嘆く企業も多いわけです。
そういった顧客に対して、人材不足をローコストで解決できるサービスを提供すれば、前向きに検討してくれるかもしれないのです。
不景気というマイナス思考も、捉え方によってはプラス思考として考えることもできるのです。

不調だからこそ営業する価値も高まる

どうしても不調な顧客に対しては、「あまり営業する意味がない」、「コンペをしても仕方がない」と思うところも多いかもしれません。
しかし、むしろ不調だからこそ営業する価値は高まると言えるのです。
今の状況を改善できる案を出すことによって、それを受け入れてくれる可能性は大いに高いと言えるのです。
しかも、あまりライバルもいないこともあり、コンペが成功する確率も飛躍的に高くなるのです。

他の企業とは違う発想をする

今の多様化をする時代に、他の企業と同じような考えで、同じようなやり方で競合をしても勝ち残れないのです。
他の企業とは違う発想をすることで、今の時代でも生き残っていくことができるのです。
だからこそ、不景気の今だからこそ、多くの企業が考えるであろうことと、別のことをやることで差をつけることができるのです。